新着情報― WHAT'S NEW ―

講義や教材に紙のテキストが必要な理由

2020年10月08日

 

こんにちは。

 

ここ数年で文書のデジタル化が急激に進んでおり、既存の書類をPDF化してペーパレスを推進しオフィスをよりスリム化する動きも進んている一方で、講義に使う教材などの書き込みが必要な書類の需要が少しずつ増えているようです。何故でしょうか?

 

ウェビナーやオンラインの授業ですと、主催者が書類をPDF等で公開しながら説明・・・という流れが今や主流ですが聞き手側からするとスピードが速い・遅いというバラつきもありながら前後のスライドの確認が出来ないために、全体的にあまり頭に入って来ないというデメリットもあります。効率だけを考えれば完全デジタル化が理想ではあるのですが、特に教育系で使う資料は頭で聞いた事を自分なりにアウトプットしていく個々のペースが重視されるため、紙のノートやテキストが一番効率的なのです。

 

教科書というと何か特別な専門知識が必要に思えてしまうますが、主催者ご自身でワードやエクセル等を使いながらデータを作り、それを製本してしまえば即席ながら保存版の教科書が完成します!デジタルの良さも捉えつつ敢えて紙のテキストを使う事でオンラインの講義もより品質の高いものに仕上げていく事が可能です。

 

GRAPでは、文書出力~製本は急ぎの案件でも当日または翌日に仕上げる事が出来ます。お急ぎの案件や部数が少ない・多いなどお気軽にご相談いただければ大変幸いです。

 

Printshop GRAPの出力・加工サービスはこちら

記事一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6277-1421

受付時間 9:30〜18:00(土・日・祝日除く)