新着情報― WHAT'S NEW ―

人材育成のために活用したい助成金・採用ツール

2020年01月23日

人材募集・仕事

 

 

こんにちは。グラップでは日々様々なお客様がいらっしゃいますが、扱っている商品が名刺や会社案内などのビジネス系の印刷物ですので、経営者の方や人事関係の方が比較的多いです。そんな方が、名刺などをご注文いただきちょっと雑談する事もあるのですが、皆様決まり切っておっしゃるのが、

 

「人が足りない!!!」

 

という事です。これは中小企業でしたら今やどこでも悩みの種となっている問題です。企業の求めるスキルは年々高くなっている上に、人材の争奪戦が繰り広げられており、資金力のある大手企業が求人情報誌の殆どを占めている状況。これでは人の確保に資金がかかり過ぎてしまい、いくら商品力があったとしても、事業の継続や発展はなかなか見込む事が出来ないのではないでしょうか。

 

なお、人材募集も今は色々な形で変わっています。

現在でも主力な方法の一つですが、ハーローワークを始めとした「人材募集や求人誌」があります。これは、求職者が仕事を求める際に自分自身で新しい仕事を探し当てるものです。

 

しかし、これでは「仕事を探している人」のみに絞られてしまうので、あくまで待ちの姿勢であり、「いい仕事があったら転職したい」という潜在層を取り込む事が出来ません。

 

最近伸びてきているサービスが最近広告で見る「人材マッチング検索サービス」です。

あらかじめ登録されている膨大な人材のデータベースを元に人事担当者が取りたい人材を探し当て、そこに直接アプローチをする方法となります。

 

人材マッチングはアプローチに対して実際にレスポンスが来るのは1%程度と非常に低いため、いかにアプローチメールを多く送れるかがサービスの重要な鍵となります。

 

私が数あるサービスでGRAPがお勧めするのは「ミイダス」というサービスです。

 

(画像はミイダス様サイトより引用)

 

求人情報ならミイダス、いい人材を無料で検索

 

ミイダスはアプローチ(オファーメール)を無制限で送る事が出来ます。参考まで、大手の他社のオファーは月100件。なので無制限という設定が結果に結びつきやすいかを示しています。通常の求人掲載などに比べますと、ミイダスは年間を通してかなりコストを抑える事が出来るのです。

 

また、人材は採用した後も長く定着をしてもらう必要があります。それには働く環境や待遇をいかに整えるかという重要な課題があります。中小企業では、資金的な面でも人材に対して待遇の良さをなかなか作成できません。ただ、人材なくして企業の成長はありえません。

そんな時は「助成金」を使うのが得策です。

 

助成金は企業が、①資金確保 ②人的定着・環境創作 を促すために、国が行っている支援制度なのです。ただ企業がもらえるお金という考えではなく、この助成金を使っていかに働く環境を整えるかが重要です。

 

一体どんな助成金があるの?手続きって面倒くさいんじゃないの?

 

という方はご心配なく。助成金コンサルティングを利用すれば、面倒な仕事は全てお任せで申請が可能です。

 

下記は簡単なチェック項目です。

 

従業員を1名以上雇用している

全従業員が保険の加入義務に違反していない

会社都合解雇を半年以内にしていない

残業代未払いなど労務違反をしていない

 

下記に当てはまれば、原則助成金の受給が可能な企業となります。

 

グラップでは『Jマッチ』という国内最大手の助成金サポートのサービスをお勧めしています。

先ほどの『ミイダス』も弊社を通して特別に、無料デモ閲覧や無料診断も承っております。

 

 

グラップでは印刷物を主に扱っておりますが、ビジネスサポートや起業支援など様々な仕事にまつわるサービスをお取り扱いしています。名刺やパンフレットのご注文のついででも、人についてや経営資源の助成金など詳しくお聞きしたい方は、どうぞお気軽にお問合せフォームよりご連絡下さいませ。

 

グラップ株式会社 WEBプロモーション事業部

03-6277-1421(平日9:30~18:00)

記事一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6277-1421

受付時間 9:30〜18:00(土・日・祝日除く)