新着情報― WHAT'S NEW ―

RGBで作ったデータを印刷用に変換する方法

2017年02月17日

こんにちは!本日は印刷用データの作成で注意したい事、そして解決方法をご説明いたします。
デザインデータを印刷屋に持ち込む時に「画面で見るものと近い印刷にしたい!」という方は多い筈。でもこれがなかなか難しいのです。印刷用の色とパソコンのRGB方式が何故違うか?については今回割愛しますが、RGBで作成したデザインデータの変換方法を簡単にご説明いたします。(※以下は PhotoshopCC の編集例です。)

PhotoshopCCでの作業手順

「編集」からプロファイル変換

 

作業用CMYKに変換

※非コート紙は「Uncoatedを」選んでください。

 

①イメージ→②色調補整→③特定色域の選択

絶対値にチェックして色味を調節します。(※イエローを抑えると良いです)

 

彩度少し上げる

手順は以上となります!
しかしながら・・・そもそもRGBカラーは、光の三原色「R(赤)・G(緑)・B(青)」、PCのモニターやデジカメ、スキャナなどは、このRGBカラーで色が表現されています。これらは混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。これに対して印刷に使われるCMYKカラーは、色料の四原色「C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(黒)」、となり、これらは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、理論上は黒色に近づいていくため『減法混色』と言われています。

Photoshopのフィルタ等、RGBでないと作業出来ないものもありますので、CMYKのみでは作業が出来ないですし、そもそもモニターで見る色が厳密にはCMYKではありませんので、色に関しては、画面で見るより印刷物は暗くなる傾向にあるのです。

【最後に】PC作業の再度は予め彩度を上げて作られた方が良いです!

グラップではお持ち込みデータにて印刷を御検討の方に、データの作成についての細かなサポートもさせていただいております!

弊社サポートセンター(03-6277-1421)または問合せフォームにて、お気軽にお電話下さいませ。

記事一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6277-1421

受付時間 9:30〜18:00(土・日・祝日除く)